家族葬ってどんなお葬式?一般葬との違いとメリット・デメリット

家族葬はTVでもよく特集されるにようなりました。

でも家族葬の内容はというと、実は明確な定義はありません。

様々な内容の家族葬が行われていますが、共通していえることは「家族を中心にして少人数で行う葬儀」ということです。

家族葬と一般的な葬儀の違い

一般的な葬儀と家族葬の一番の違いは参列者の数です。

一般のお葬式では関係者に広く知らせて参列してもらいますが、家族葬は家族、親族、ごく近しい親族など15人から30人くらいに範囲が絞られます。

中には名前通り家族だけで行う場合もあります。

 

葬儀自体は自宅でもできますが、自宅では隣近所や町内会に知らせないわけにはいきません。

そこで、故人の意思を貫くために葬儀専用の斎場で葬儀を行うことが多くなりました。

 

遺体は病院から直接斎場へ運ばれることがほとんどです。

 

家族葬の内容は仏式で行うのが9割

式の内容にきまりがあるわけではありませんが、仏式で行われることがほとんどで、従来の葬儀をごく小規模に簡素化したものと考えるとわかりやすいですね。

 

家族葬は都市部の核家族が中心

家族葬がはじまってからやはり実際に多かったのは都市部の核家族が中心でした。

地方でも徐々に広がってきていますが、歳によっては葬儀は周囲の人たちが協力するものという慣習が生きているところも多いです。

家族葬は葬儀が終わってから死亡通知を出す

家族葬は参列者を限定するため、葬儀が終わって2週間以内くらいに関係者へ死亡を知らせる通知を出します。

一般的な葬儀では、葬儀を行う前に死亡を知らせます。

葬儀の際は祭壇や供物はシンプルに

家族葬の祭壇や焼香台は、一般の葬儀と比べるとシンプルにつくります。

白木の祭壇をやめて花で飾った柩の前に焼香台だけ置くようなケースもあります。

 

また香典や供物、供花などを辞退するケースもあります。

その場合はあらかじめ参列者にこのような形式の葬儀ということをお知らせしておくと失礼のない形でお断りすることができます。

断りがない場合は一般の葬儀のように香典を持参して参列します。

 

会葬礼状や返礼品について

家族葬の場合は一人一人に直接お礼を言うことができるので、会葬礼状を出さないことが多いです。

返礼品に関してはケースバイケースになります。

家族葬を行うメリット

家族葬を行うことのメリットとして、送られる側としては自分らしい葬儀ができること、簡素に行うため、金銭的にも残された家族の負担を軽くすることなどがあげられます。

送る側としてもメリットは大きく、充足感を感じる人が多いのです。

心ゆくまでお別れができる

現代において一般の葬儀は、義理の参列者は少なくなりましたが、生前の本人を全く知らない参列者が半分以上を占めるというケースも少なくありません。

 

これに対して家族葬は故人をよく知る親しい間柄の人ばかりです。

心から故人を弔う気持ち、大切な人を失った悲しみの気持ちを共有することができます。

 

規模が小さいことにより参列者の数が少なく、一般の葬儀と同様の内容で式次第が進行しても時間の余裕が十分にあります。

ゆっくりお別れができることにより、遺族の心身の疲れが少なくすむということもメリットの一つです。

 

一般の葬儀で遺族は会葬者への対応や手伝いの人への心配りで疲れ果てること多いものです。

家族葬では親しい間柄の中で気持ちも癒され、看病などで疲れた体の負担も少なくて済みます。

費用でも内容でも納得と充足感のある葬儀ができる

費用の面でも飲食など、人数が少なくなるため安く抑えることができます。

祭壇はいらない、通夜のふるまい料理はいらないなど必要のないものの費用をカットし、こだわりたい部分にお金をかけることができます。

 

葬儀の内容、段取り、すべて家族で葬儀業者と打合せて決めていくなら、自分たちの手で見送ったという充足感を持つことができます。

残された遺族が死を受け入れ安くなるとも言われています。

家族葬のデメリット

いいことばかりのようですが、デメリットももちろんあります。

周囲の理解が得られないケースもある

先にも記述しましたが、地方で地域や親族の結びつきが強いケースは世間体を気にして家族葬に反対されることもあります。

 

参列者を絞るため、リストから漏れた人から不満の声が上がることもあります。

あとから弔問の人が次々とくることも

家族葬は葬儀が終わってからの通知なので、死亡を知った方が後から続々と弔問に来るケースもあります。

エンディングノートや四十九日にお別れの会を開くことで対応

親族からの不満の声は見送られる方がエンディングノートを用意しておくことで故人の強い意志をわかってもらえることがあります。

生前から家族でよく話し合った結果といえば理解も得やすいです。

 

また、四十九日のころに参列しなかった友人を招いて「お別れの会」を開くケースもあります。

家族葬は単なる安いお葬式ではなく心のケアを重視する儀式

家族葬のことを「安くできて簡単なお葬式」だと勘違いしている人もいますが、まったく違います。

人の死は残された家族や関係の深い方々にとって大きな悲しみやショックをもたらす出来事です。

 

お葬式は残された遺族が死を受け入れ、悲しみを整理するための初めの一歩。

十分にお別れの時間をとって納得のいく葬儀を行うことができる家族葬は遺族の心のケアを重視する葬儀といえます。

家族葬の準備これだけはしておきたい!エンディングノートと業者選び

家族葬がいいなと漠然と考えていてもやはり事前に準備はしておいたほうがいいです。

2つの重要なことはエンディングノートを作ることと業者を選んでおくことです。

エンディングノートに何を書いておく?

エンディングノートが残されていれば遺族は非常に助かります。

法的な効力はありませんが、本人の意思を明確にするという点で家族や親族のもめごとが起こったときに鎮めることができます。

市販のエンディングノートや、葬儀業者からもらえるエンディングノートなど様々なものがありますが、主に次のような内容がよいです。

エンディングノート記入項目例

自分のこと(基本情報)

試算のこと(預貯金・資産・ローン・カード・年金・保険・ネットサービス)

家族のこと(家族構成・親族一覧)

友人のこと(訃報を知らせる人、知らせない人、最後にあっておきたい人)

医療・介護のこと(告知・延命・臓器提供・介護)

葬儀・お墓のこと(喪主・通夜や葬儀・返礼品などの希望、お墓の希望)

遺言

その他(携帯・パソコン・ペットなど気になること)

エンディングノートはの内容は具体的にわかり易くかく

残された人へのメッセージとして抽象的な書き方をせず、具体的にどうしたいのかを書くようにします。

また、書きっぱなしにしておくと気持ちの変化や状況の変化と大きく変わってしまうこともあります。

できれば年に一度誕生日を迎えるごとに内容を見直すようにします。

エンディングノートは家族がわかる場所に置いておく

エンディングノートは家族に置き場所を教えておきます。

家族は動揺の中でもエンディングノートを確認しながら作業を進めることで気持ちが落ち着くものです。

葬祭業者を選んでおく

ほとんどの葬祭業者が家族葬に対応してくれます。

従来からの葬祭専門業者に加えて互助会や生協、石材販売店や仏壇業者、生花業者なども葬祭事業を立ち上げているところがあります。

 

業者選びのポイントを押さえておきましょう

  1. 希望の内容や質問、不安にていねいに応えてくれる
  2. 料金体系がはっきりしていて細かな見積書を出してくれる
  3. 相談から施行まで同じ葬祭ディレクターが担当してくれる

 

料金に入っている内容をきちんとチェックしておきましょう。

僧侶様にお経を読んでもらったり戒名をつけてもらったりするのはたいてい別料金になっています。

葬儀社に手配してもらうケースはいくらくらいかかるのか、などハッキリさせておきたいことを調べておきましょう。

 

葬祭業者を複数当たってみる

葬祭業者は初めから絞り込まずにまずは複数あたってみましょう。

電話かネットで資料請求をすると便利です。

 

いくつか目星がついたら実際に行ってみましょう。親身に相談に乗ってくれるかどうかわかります。

形や価格だけ追わずに、家族葬の経験が豊富かどうかなど確認しましょう。