香典を受け取る立場渡す立場それぞれのマナー

香典袋の書き方や金額

お通夜や葬儀に参列するときに渡す香典ですが、いつのタイミングでどれくらいの金額をいれればいいのか迷いますよね。

そもそもお通夜か葬儀かのどちらか一方にしか参加しないときには、その受付でわたすのが一般的です。

お通夜と葬儀、どちらも参加するときはどちらか一方で渡します。

お通夜で香典を渡したときは葬儀で渡す必要はありませんし、逆も同じです。

 

香典を渡す立場のマナー

香典を入れる不祝儀袋はふくさや小さな風呂敷に包んでおきます。

葬儀が遠方だったり事情があって通夜・葬儀に参加できないときは、郵送でできるだけ早く送ります。

郵便で現金を送るときは「現金書留」を利用します。

香典袋の書き方

香典袋は宗派によって書き方が違ってきます

各宗派共通の書き方「ご霊前」

通夜・葬儀共通、どの宗派でも使えるオーソドックスな書き方は「ご霊前」です

名前は水引の下、中央にフルネームで書きます。

裏側は下の折に上の折を重ねます

 

仏式の書き方「御霊前」「御香典」「御香料」

表書きは「御霊前」「御香典」「御香料」などが一般的です。

香典袋は白無地かハスの絵柄を選びます。

なお、「御仏前」は49日の法要以降に香典を渡すときの書き方です。

 

神式の書き方「玉串料」

香典袋は白無地を選びます。

表書きは「御霊前」「玉串料」などです。

キリスト教の書き方「お花料」

水引がない香典袋を選びます。表書きは「お花料」です。

 

連名で書く場合

2,3名の連名で名前を書くときは、中央に目上の方を、左下に目下の方の氏名を書きます。

人数が多い場合は、表書きに「〇〇会社有志」「〇〇 外一同」などと書き、中に氏名を記した紙を入れておきます。

 

中袋の書き方

中袋の表には金額を、裏には住所・氏名を書いておきます。

なお、お札は方向をそろえて入れておきます。

 

金額表示に使われる漢数字は、普通の一、二、の常用漢数字をつかってもかまいません。

難しい「壱(いち)、弐(に)、参(さん)、伍(ご)、拾(じゅう)」などを使う人もいますが、どちらでなければならないといった決まりはありません

 

香典の額はいくら?立ち位置ごとの目安

香典の額は地方や関係性などによって違いますが、一般的な目安は以下のとおりです。

贈り先20-30代40代以降
祖父母10,000円
~15,000円
10,000円
~50,000円
50,000円
~100,000円
100,000円
~120,000円
兄弟姉妹50,000円50,000円
~100,000円
おじ・おば10,000円10,000円
~30,000円
上記以外の親戚5,000円
~10,000円
10,000円
~20,000円
職場関係5,000円5,000円
友人・その他5,000円5,000円
ご近所3,000円~5,000円5,000円

 

香典を受け取る立場のマナー

お香典を受け取る遺族の立場のマナーの一例をご紹介します。

香典の額が5000円までの場合

通夜・葬儀の際に5000円までのお香典をいただいたときは、受付の際にお渡しする返礼品をお返しするだけで大丈夫です。

 

葬儀の後、自宅などにお参りされた方が香典を持参された場合は、半額を目安に返礼品を選びます。

香典の額が5000円を超える高額の場合

いただいた香典の金額が5000円を超える場合は、次の計算式を使います。

(香典の額ー5000)÷2

例えば1万円いただいた場合は、1万ー5千=5千、それをさらに2で割って2500となるので、約2500円の返礼品を送ればいいことになります。

 

返礼品のマナー49日の法要までに返すこと

香典返しの返礼品は、49日の法要が終わるまでに贈ります。

その際ののし書きは「志(こころざし)」「忌明け志」「満中陰志」などと記します。