家族葬の費用と葬儀代以外にかかる費用|比較ポイントは?

家族葬は人数によって価格が違いますが、必要な物品やサービスが含まれているかどうかがポイントです。

お葬式の費用としてよくセット価格表示をみかけますが、葬儀者の中ではセットに入っているサービス、入っていないサービスが分かれています。

葬儀費用のおおまかな内訳

1.葬儀社のプラン

2.料理や返礼品、火葬料金、式場使用料

3.お坊さんへのお布施、戒名

葬儀の総額は1+2+3の合計となります。

業者によっては火葬料金や式場使用料が葬儀プランに含まれるところもあります

 

家族葬にかかる葬儀社費用の一例

家族葬の費用はいくらくらいになるのか。

今回はネットで定額表示をしている葬祭業者を調べて比較しました。

概算としてご覧ください。

※詳細は個別の業者に資料請求やお問い合わせをしてみてください。

家族葬プランに含まれるサービス

一般的な仏式家族葬で含まれているサービスを調べました。

この事例では

病院⇒安置場所(自宅や葬儀場)⇒葬儀場での通夜⇒葬儀場での告別式⇒火葬⇒式後

という流れで説明しています。

臨終から火葬、自宅飾りまでに必要なものの事例は以下の通りです。

寝台車

病院から安置場所までの搬送してもらいます。

最近では病院から自宅に戻らず斎場へ直行することが多いですが、火葬場の日程や最上の状況によってすぐに葬儀ができないときは遺体の一時預かりや冷蔵庫保存の手続きを取ってくれるところもあります。

 

納棺

一般的に納棺は通夜の前に家族、親族がそろったところで行われます。

遺体を棺におさめるときに故人の好きだった服を着せたり、体の上からかけたりします。

お棺

棺は種類によって価格が違ってきます。

標準プランの棺の素材や全体の様子は事前に見学しておくと確認できます。

家族葬プランの費用に含まれていない物・サービス

僧侶・お坊さんによる読経・戒名

一般的な家族葬の費用に含まれていない重要なもの・サービスの代表はお坊さんです。

一般的な葬儀では付き合いのあるお寺のお坊さんにお願いします。

お付き合いのあるお寺がない場合はお布施・お車代などを合わせた定額で依頼できる業者もあります。

お坊さんは通常であれば枕経を上げた後、通夜・葬儀の進行、戒名などを相談したりします。

 

家族葬の葬祭業者へお坊さんの手配を依頼する場合は、通夜・告別式・初七日・戒名がついて15万円~20万円くらいで依頼できるケースが多いです。

返礼品

会葬礼状まではついているところもありますが、返礼品は別料金になっているところが多いです。

ですが少人数で行う家族葬では香典を受け取らない代わりに返礼品を用意しないという方も増えてきています。

飲食代

お通夜のふるまい料理や精進落としなどの料理はプランに含まれないことがほとんどです。

一般的な葬儀の相場と家族葬の相場はいくらくらい違う?

葬祭業者「小さなお葬式」によると、一般的な葬儀の全国平均価格は約122万円です。

家族葬は約40万から70万までと値段の幅はありますが、全国平均より最大で80万近くも安くなっています。

 

また、寺院の手配料は全国平均で約45万、小さなお葬式では5万5千円から16万円となっています。

 

葬儀のプランとしてこんなに価格が違う最大の要因は人数です。

家族や親しい方のみの少人数で葬儀を行うのであれば、飲食接待費用はほとんどかかりません。

宗教的な儀式に特にこだわりがないのであれば、儀式を省いた葬儀を行うことで、葬儀一式の費用を抑えられます

具体的な内容と価格は地元の葬儀業者と比較検討する

今回一例として紹介している葬祭業者はネットで手軽に相場や内容が検討できると年々利用者が増加している業者です。

 

ですが実際利用するには地理的な要因が大きな決め手になるので、地元の葬祭業者を含め資料請求や見学などに行って内容を知っておくと安心です。

 

資料請求や見学などはどこの業者も無料で行っているところがほとんどです。

 

問い合わせへの対応などを見て、判断できることもたくさんあります。

ぜひ実際のところを見ておきましょう

↓このサイトでも家族葬の本音の口コミを集めています

中には厳しい口コミもありますが、ゆっくりとしたお別れができたなど好意的な意見も多いです。

家族葬本音の口コミ
「家族葬本音の口コミ」の記事一覧です。

ネットでも電話でも無料で資料できる葬儀業者

全国展開していて資料請求できる代表的な業者

小さなお葬式 全国展開している家族葬業者

葬儀レビ 一括見積が10分で10社

いい葬儀 急ぎや長距離の搬送に対応

 

どこも資料請求は無料です。

複数申し込みして、業者の対応から比較している方が多いですので、いろいろ取り寄せてみることをお勧めします